首都圏大手塾を凌ぐ業績

%E4%BD%90%E9%B3%B4%E4%BA%88%E5%82%99%E6%A0%A1.jpg

現代実力塾研究「佐鳴予備校」
内容紹介
教育産業も少子化で淘汰の時代を迎えている。熾烈な競争を勝ち抜いていけるのは、市場のニーズを踏まえ、特徴ある授業と戦略的な経営を行う、限られた塾・予備校だけだ。業界のダイナミックな動きのなかで、父母と子供の支持を集めながら成長を続ける各地域の有力塾・予備校に焦点を当て、その動向を経済・経営的視点でとらえながら、父母をはじめ広く社会一般、産業界に伝えていく。本シリーズで取り上げるのは、いずれも各地域でトップクラスにあると同時に、その地位に甘んずることなくアグレッシブに事業展開を図る地域のリーダー塾。

<佐鳴予備校について>東海圏トップクラスの塾としてのブランドを確立した「さなる」。利益率も9年連続で業界ナンバーワンを達成した。なぜ、生徒と父母は「さなる」を頼って集まるのか。生徒・父母の目を通して見た「さなる」の魅力と、その魅力の源泉となる「さなる」の教育理念、それを実現する様々な教育システムをわかりやすく解説する。また、競争の厳しい中京圏で勝ち抜いてきた佐藤代表の経営的手腕にも注目し、多面的に「さなる」という企業を紹介する。*ISBN:978-4-86130-218-3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加