個別学習システム「SCPL21」はオススメ

SCPL21とは、サナルコンピューターパーソナルラーニングシステムの略です。

佐鳴予備校のSCPL21とは、70万ページにも及ぶプリントの中から厳選された問題を抜粋し、印刷して利用できるシステムです。生徒は自ら学習する単元やレベルを選択して学習でき、プリントの正答数によって、コンピュータが次の単元に進むかどうかを判断し、できるまで学習できるようになっています。

レベルも標準レベル、基本レベル、ハイレベル、テスト対策コースなどさまざまなレベルが用意されており、レベルの組み合わせは自由自在なので、自分に最適の勉強が可能です。

また、国私立中学受験プログラム、国私立高校受験プログラム、公立高校入試プログラムなどもあります。

こうした自学自習プログラムは自分のレベルに合わせて勉強をするわけですが、問題なのは、それでもわからない問題が出てくることです。佐鳴予備校では、これらの問題に対応すべく、個別質問対応システムがあります。

「個別質問対応システム」は、サナル生の学習をサポートするシステムで、行き詰った問題があれば、校舎に設置されている個別ブースに行き、 コンピューターに接続し、佐鳴予備校の卒業生が担当する先生に問い合わせるだけですぐに解答や解き方が見つかります。あとはこのすばらしいシステムを使いこなすかどうかですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加