佐鳴の模試

佐鳴予備校の小中学生には、サナル生が一斉受験する実力模試があります。いままで履修したすべての学習内容が範囲となり、新の実力を試すテスト。

この他、中学生には、毎週到達度確認テストが行われます。授業で学んだ重要単元の知識が定着しているか、週単位でのチェックとなります。 また、中学校の定期テストの約2?3週間前に各中学校に対応した範囲の実力判定模試があります。これは定期テスト予想問題と言い換えてもいいでしょう。さらに佐鳴の中学生には、受験対策として入試傾向に即した出題内容を範囲とする模試が定期的に実施されます。
この模試では、志望校合格判定がデータとして出力されます。

そして、佐鳴では、これら各種テストの結果により授業時のクラス・座席が決まります。いわゆる習熟度別のクラス編成になっているわけです。週ごとのテスト、合間には実力テストと息つく暇のないスケジュールですが、こうして日々テスト勉強に追われることで、いつのまにか力もつくということです。佐鳴では、この習熟度別クラス編成を行うテスト順位を「努力の順番」と評しています。それは果たして努力の順番か、究極の競争原理か? 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加