ネットワークカメラ制御システム

2005年12月、京都府にある京進宇治神明校に通っていた小学校6年生の児童が京進の講師で同志社大学4年生の男子生徒に教室内で刺殺されるという事件が発生。殺害の際には教室にあった防犯カメラなどの電源を切っていたことも判明した。裁判では検察側が事件の計画性から無期懲役を求刑したが、京都地裁の判決では懲役18年となった。

塾の教室は、非常に限られた閉鎖された空間です。そしてある意味で教師はその教室の支配者、独裁者といってもいい位置にいます。支配者、独裁者というのは言い過ぎとしても、振る舞いによってはなんでもできてしまう力関係にあるわけです。この事件を境に塾内の安全面についての議論が盛んに行われたのはその表れでしょう。

佐鳴では、


公教育では、この閉鎖性が教育の質を低下させる一因となっているのではないかという議論が、近年、殊に活発になっています。指導技術が評価される場がないので、意欲のない教師が存在し得てしまう。教師に熱意や力量がなければ教室の雰囲気は荒れますし、学習効果を云々する以前の問題ともなりかねません。

と述べています。

佐鳴予備校では、こうした観点から教室、自習室、SCPL21教室、玄関などには、ネットワークカメラが設置されています。このカメラの映像は、佐鳴予備校のどの教師のコンピュータからでも見ることができ、また録画も可能になっています。

最近は防犯カメラが犯罪の防止に役立っているという議論もありますが、佐鳴予備校のこのカメラがいい意味での緊張感を生み、犯罪の証拠として使われることがないように心から願います。

塾をやめたいと子供が言い出しました!すぐに転塾すべきか?

一芸を生かして音楽高校か、それともつぶしのきく普通高校に進学すべきか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加