校舎教室長制は生徒にメリットある制度

担任制、チューター制など各塾はさまざまな制度を導入し、生徒の動向、相談、成績管理を実施しています。佐鳴では、他の塾とは一味違った「校舎教室長制」を採っています。

「校舎教室長制」とは、各校舎における専属の「校舎担任」が、その校舎に通う生徒一人一人を責任もって指導します。校舎担任は授業を教える先生が担当しますから、授業と直結して成績の管理が可能になっています。

塾によっては曜日によって先生が移動する体制を取っている塾があったり、教科の先生が校舎を移動したりする塾もあります。これらの塾の難点は、信頼を寄せる先生や教科の先生への質問が特定の曜日でないとできないことです。

佐鳴ではその点も考慮して「校舎教室長制」をとっているのでしょう。生徒にとっては、非常にメリットが大きい制度です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加